top of page

倉庫業務モジュール機能

  • 入庫伝票の作成と照会

  • 返品入庫伝票の作成と管理

  • 入庫確認および入庫作業

入庫伝票の作成と照会

  • 入庫伝票の作成:
    貨物情報輸入:入庫伝票を作成する際、ユーザーは名前、仕様、数量、バッチなど、商品に関する関連情報を入力できます。

    スキャンコード機能:商品に貼られたバーコードやQRコードを読み取ることで、商品情報をシステムに迅速に構築でき、データ作成の精度と効率が向上します。 貨物ステータスのマーキング: 入庫伝票の作成時に、後続の処理のために検査される、棚に置かれるなど、商品のステータスをマークできます。

  • 入庫照会機能:
    貨物情報照会:商品の名前、仕様、ロット、その他の条件に基づいて入庫を検索し、必要な商品情報をすぐに見つけることができます。
    貨物状況の追跡:入庫照会機能により、商品の現在の状況や処理進捗状況を確認でき、倉庫内の商品の位置や状態を把握できます。

返品入庫伝票の作成と管理

  • 返品入庫伝票の作成:
    返品入庫伝票をすばやく作成し、返品理由、返品製品情報、数量、返品条件などの関連情報を記録します。

  • 返品と倉庫管理:
    返品倉庫受領書が作成されると、システムは倉庫オペレーターに自動的に通知し、返品商品が適切なタイミングで受領および処理されていることを確認し、製品バーコードをスキャンして、返品商品が返品注文情報と照合されていることを確認します。返品された商品は倉庫に正しく保管されています。

  • 返品の追跡と処理:
    返品の受け取り、保管、受領のステップを含む、返品の進行状況の最新情報を即時に提供します。

入庫確認および入庫作業

  • 入庫確認機能:
    貨物情報の確認:入庫伝票のバーコードをスキャンするか、貨物情報を入力すると、システムが自動的に貨物情報が正しいかどうかをチェックし、貨物の正確性と完全性を保証します。
    商品の状態を確認する:輸送中に商品が破損していないか、外観に異常がないか、梱包にダメージがないかなど、商品を確認します。
    入庫状況を更新する:入庫情報が正しい場合、システムは入庫ステータスを更新し、入庫操作の準備をします。

  • 入庫作業機能:
    貨物の配置:商品の種類や保管要件に基づいて、ラック、パレット、ストレージスペースなどの適切な保管場所に商品を置きます。
    在庫の更新:棚上の商品の位置をスキャンして在庫情報を更新することで、システムは在庫数量と位置をリアルタイムで更新し、在庫の正確性と追跡可能性を確保します。
    貨物の識別:倉庫保管プロセス中に、商品の場所と関連情報をマークするための貨物ラベルを自動的に生成および印刷できます。

  • 在庫監視機能:
    即時在庫照会:在庫数量と場所をいつでもクエリおよび監視して、各在庫バッチのステータスを把握します。
    在庫分析:過去の在庫データと需要予測に基づいて在庫分析と最適化を実行し、在庫回転率を向上させ、在庫コストを削減します。

bottom of page